住宅ローンを利用する時に保証人は必要なの

人がお金を借りる場合、保証人をつけることを要求される場合があります。もしお金を借りた人が支払えなくなった時のリスク回避を目的として人的な担保を取るためです。

 

住宅ローンは高額なお金を人に対して融資する金融サービスです。そのため住宅ローンを利用する場合、金融機関側から保証人をつけることを要求されてしまうのではとも考えられます。

 

しかし住宅ローンを利用する場合、利用者側から保証人を用意する必要はありません。なぜなら住宅ローンを利用する場合、他の方法でしっかりリスク回避をはかっているからです。

 

住宅ローンの融資を実行する場合、金融機関側は利用者の不動産を担保に取ります。具体的には不動産に対して抵当権を設定するのです。そのためもし利用者の支払いが滞った場合でも、担保不動産を処分して回収できるので問題ありません。

 

また住宅ローンの利用条件にはサービスを提供している金融機関の系列保証会社の保証を受けることが条件となっています。

そのようなことから住宅ローンを利用する時、保証人を用意する必要ありません。